長崎で一番古い公園として開設されました。

隣接の諏訪神社の樹木と合わせ、市街地の貴重なみどりを形成しています。

日本最古といわれる噴水があり、親しみの深い公園です。

 計画決定面積 4.2ha

経緯

 明治7年  公園開設

   8年  公園に制定され、県営として管理

  10年  丸馬場で勧業博覧会開催

  14年  交親館(県会議場兼外賓待所)建設

  23年  長崎公園を県から引き継ぐ

  44年  子供博覧会開催

 大正8年  丸馬場でベルサイユ講和条約調印祝賀会開催

   9年  初の林間学校を開催

  13年  子供博覧会開催

 昭和63年から平成7年度 まちづくり特別対策事業により再整備を行う

 平成5~6年度 動物ひろば改修

主な施設

 ・動物ひろば

 ・日本庭園

隣接施設

 ・県立図書館

 ・長崎歴史文化博物館

 ・諏訪神社

 ・神社庁

 

日本庭園エリア

諏訪神社側からの、長崎公園の入口。

日本庭園池の向かい側には、「月見茶屋」があります。

この公園の雰囲気にぴったりな、「月見茶屋」

冷えたラムネや温かいうどんなど各種取り揃えております。

手作りのぼた餅がお勧めです。

この噴水は日本最古の噴水を再現したもので、かなり歴史があります。

コイとカメさんがゆっくりとした時間を泳いでいます。

丸馬場エリア

丸馬場(グラウンド・遊具広場)への入り口にはしっかりとした石門がお出迎えです。

遊具広場には滑り台のついた大型木製ジムとブランコ、お手洗いがあり、お子様と一緒に遊べます。

 

石碑もありますので自由研究に良いと思います。


諏訪の杜エリア

諏訪神社と隣接した公園なので、樹齢何百年といわれる木々がたくさんあります。

 

その中でも、道(の真ん中)に鎮座しているクスノキはここならでは。車が木のすぐ脇を走り交差するという、珍しい光景も見られます。

 

是非外周も散策して頂きたいポイントです。